私の人生に双子を産む予定は無かったのですがこうなりましたin福岡

双子育児・幼児の育児・福岡の育児関連情報・男性の育休・男性の育児・不妊治療(男性不妊)・我が家の日常 等々

双子・年子、ワンオペ受診の心得!!【前編:病院選び】

f:id:futagoya_umezintan:20190719135407j:plain

どうもどうもこんにちは、
双子姉妹(現在2歳5ヶ月)の母・うめじんたんです。

 

↓はじめましての方はコチラもよろしくお願いします♪↓

www.futagoyaumezintan.com

 

子どもって、しょっちゅう病院に連れていかないといけないですよね。

 

出産したらまず、怒濤のように押し寄せてくる検診&予防接種。

そして、生後約半年で母親からの免疫が切れてからは、発熱・鼻炎・中耳炎・アレルギー…と、病気のオンパレード。

 

と、言うわけで、今回と次回の前後編で、

『初心者双子ママ』、『初心者年子ママ』、

そして双子や年子を妊娠中のプレママのお役に立てますように!という願いを込めつつ、

 

ワンオペ受診の心得!

 前編:病院の選び方

 後編:ワンオペ受診の準備

に、ついて書いていきたいと思います。

 

 

 

~双子・年子ワンオペ受診 前編~

 『病院の選び方』もくじ

 

 

 

 

双子・年子ワンオペ受診の心得 前編『病院選び』

一番大事!病院選び!!

 

双子・年子のワンオペ受診で一番大事なのが、

病院選び!

「良い先生の居るところ」?

ノンノン!

ソレももちろん大事ですが、一番ではありません!

ここを間違うと、その時点で詰んでしまいます。

では、具体的にどのように選べば良いのか?

そのポイントをまとめてみました。

  

①病院の立地・車の有無で変わる!

病院の立地で何を優先するかは、受診の際に自家用車を使用するか否かで大きく変わると思います。

車が使えるならそれに越したことは無いです。

しかし、免許や日中の自家用車の有無(一台しか無いが家族が車通勤等)、はたまた自宅の立地等の事情により、徒歩・バス・タクシーでの受診を余儀なくされるケースもありますよね。

それぞれのパターン毎に書いていきます。

 

・車が使える場合

最寄りにこだわる必要が無いので、多少遠くても「駐車場に充分な広さがある」、そして「駐車場が病院の敷地内にある」事が大切です。

駐車可能台数が少ないor多くても病院から離れていると、ワンオペ受診の難易度はグッと上がり、また危険も伴います。

 

・車が使えない場合

この場合、徒歩圏内~バス・電車・地下鉄で移動可能な範囲から選択する事になると思います。

その場合のオススメは、

「とにかく近い(利便性の良い)病院」

「少し離れているけど他の条件が揃っている病院」、

2つ目星を付けておく事です。

双子・年子の年齢や健康状態によって、その時々で選べるようにしておくと安心かと思います。

  

 

②病院のハード面(ワンオペ受診しやすい造りか?)

 

これは私の失敗談なのですが…。

我が家は最初、小児科医の評判と家からの距離だけを考えて小児科を選んでいました。

そして決めた病院は…何と…、

昔ながらの『スリッパに履き替える形式』(土足禁止)だったのです!!

/双子と荷物抱えて履き替えられるか~い(泣)\

 

上記は今時の小児科においてかなりのレアケースだとは思いますが、それ以外にもチェックポイントはあります!

・ベビーカーのまま待合室(更には診察室)に入れる病院が最強!※少数派ですが増えているようです。また、そうでなくてもワンオペ受診は可能なのでこの条件だけで決めないで下さいね。

・混雑を避けるため、ネット予約が可能な所がオススメ。

・キッズスペースが広いと嬉しい♪

             …等々。

 

 

 

③病院のソフト面(スタッフさんは協力的か?)

私は現在(双子2歳5ヶ月)まで、

双子ワンオペ受診以外にも、双子ツーオペ(夫、もしくは親族が一緒)受診、双子のうち1人だけ連れて受診など、全てのパターンを含めると計6軒の病院を受診させています。

(総合病院1軒、小児科3軒、耳鼻科1軒、眼科1軒)

 

このうち総合病院は除外するとして、その他の個人病院では不親切なスタッフさんに遭遇した事はありません。

それどころか、皆さん笑顔でお手伝いをして下さいました。

「仕事だから当たり前でしょう?」と思われた方もいらっしゃると思います…が、

 

ところがどっこい!!

 

ネットで調べると、小児科で(医師ではなくて)スタッフにイヤな思いをされたという方、結構いらっしゃるんですよね…。

特に、2人以上の子を連れてのワンオペ受診の際の話が多いです。

受診の順番が回ってきたタイミングで子どもの1人が癇癪を起こしてしまい、母親の身動きが取れなくなっているのに一切手伝ってくれず…そればかりか、「早くして下さい!」と怒られた…とか。

あなたがもしこんな目に遭ったら、速効で病院を換えて下さいね。

 

うちの双子のかかりつけの小児科は、ワンオペ受診時は必要に応じて看護師さんや受付スタッフさんが細やかに面倒見て下さいます♪

(診察室への移動、子どもの靴や服の着脱、オムツ交換が必要になった時に残りの1人をみて下さる…などなど)

/いつも本当にありがとうございます!!\ 

 

 

④その他、意外な落とし穴

双子・年子ワンオペ受診の病院選びについて、意外と見落としがちな落とし穴があります。

それは…調剤薬局の位置!!

 

無事に受診が終わってホッとしたのも束の間、

「調剤薬局が大きな道路を渡った先にしか無い!」

なんて事になると親の疲労もドッと増しますし、何より危険です(T-T)

 

是非、病院選びの際にはこちらも含めてチェックされて下さい。 

 

 

~後編:ワンオペ受診の準備 へ続く~

 

 

 

 

幼児の発熱・下痢の際は、

ひきつけ(痙攣)の予防

アクアサポートが本当にオススメです!! 

 

 

↓アクアサポートについてはコチラで詳しく紹介しています↓

www.futagoyaumezintan.com

 

 

病気で食欲が無いときでも食べてくれる!

と、評判のお野菜ジュレです(。・ω・。)♪

 

 

 

Amazon.co.jpアソシエイト

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
気になって下さった物好きな方は

読者になるボタン、もしくは

Twitterのフォローボタンをポチッとお願いいたします♪
 ↓↓↓↓↓

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆